介護情報広場

介護に役立つ情報をお届け

あんしん!介護ナビ 

“介護NPO法人の活動について”田中尚輝氏がナビゲート

介護NPO法人の活動(全3回)

特定非営利活動法人 市民福祉団体全国協議会 専務理事他
田中 尚輝(たなか なおき)

第3回 誰でも助ける側になれる・NPOは簡単につくれる

介護保険制度やボランティア・NPOなどがあり、介護の必要な人を支援します。ところで、多くの人々は、「自分が介護を受けるようになったら、どうすればよいのだろうか」ということを考えたことがあるはずです。これについてのもっとも簡単な方法は、自分が「助ける側」になってみることです。
そうするといろんなことが見えてきます。

まず簡単なことは、家の玄関に入らないサービスです。家の中に入るには相手の警戒心をとかなければならないので大変なのです。家の外でできることは簡単にできます。この中で人気があるのは食事の配送、移動サービス、犬の散歩、庭の草むしりなどです。

つぎに、家の中に入るサービスですが、掃除や洗濯、食事づくり、清拭、排泄介助、入浴介助などがあります。これらには技術を要することが多いので「ホームヘルパー2級」などの研修を受けておくとよいでしょう。これはカリキュラムにそって、130時間の勉強をすれば自動的に確保できます。

そして、こうしたサービス提供を持続的にしていこうとした場合には、NPO法人になっておいた方が便利です。NPO法人になるためには2つの条件が必要です。1つは、「世のため、人のため」ということを目的にしていなければならないということです。利益を上げてもよいのですが、それが第一次的になってはなりません。2つは、10人以上のメンバーがいることです。

この2つの条件を満たしていれば、あとは書類をつくり都道府県のNPO担当部署へ届ければ4ヶ月以内に法人格を確保することができます。通常、この提出書類は都道府県のホームページからNPO担当へたどり着けます。そこで書類のダウンロードもできるようになっています。NPO法人になるにあたっては資本金、登記料など一切お金は必要ではありません。ただし、事業をしようとするときにはお金が絶対的に必要ですから、それをどうするかは考えておかなければなりません。

あなたもNPO法人をつくって、「世のため、人のため」に頑張ってみませんか。

写真:田中尚輝さん
プロフィール
田中  尚輝(たなか なおき)
1943年京都市生まれ。
社団法人長寿社会文化協会(WAC)常務理事、NPO法人市民福祉団体協議会理事・専務理事、NPO事業サポートセンター常務理事として、高齢者や子ども、NPOに関わる諸問題解決のため、社会的環境整備に精力的に取り組んでいる。とりわけ現在は、日本最大のシニアのためのネットワーク「地域創造ネットワークジャパン」の立ち上げと、シニアによるNPO起業への支援、ネットワークづくり、NPOマネジメントのノウハウの普及に向けて、執筆や全国的な講演活動に活躍中。
著書に、(『団塊シニアが社会を変える NPOビジネス』(学陽書房)『リーダーのあなたに贈る 実戦!NPOマネジメント』『NPOビジネスで起業する!』(以上、学陽書房)、『高齢化時代のボランティア』『ボランティアの時代』(以上、岩波書店)、『市民社会のボランティア』(丸善ライブラリー)ほか多数。
田中尚輝の個人ホームページ  http://www.npo.lsnet.ne.jp/tanaka/
地域創造ネットワーク・ジャパンのホームページ  http://www.npo.lsnet.ne.jp/nponetwork
(『団塊シニアが社会を変える NPOビジネス』(学陽書房)より

介護の集いの上手な使い方

今回の介護川柳

介護だが むかしなつかし 祖父と風呂

吉野 貴之

他の作品も見る

このページの先頭へ