介護情報広場

介護に役立つ情報をお届け

あんしん!介護ナビ 

機械に頼らず人の手で介助し、薬でなく心で寄り添う介護を目指すRX組を主催する青山幸広さんのコラム最終回です。新しい介護との出会い、そしてセミナー主催などについて執筆いただきました。最終回は2007年9月20・21日に行われた"新しい介護"連続セミナーのリポートです。

新しい介護の実践(全3回)

有限会社「ケアプロデュース RX組」代表
青山 幸広(あおやま ゆきひろ)

第3回 介護技術ステップアップ研修プログラム

RX組が行っている「力」と「愛」を兼ね揃えた介護人材を育てる介護技術・意識改革セミナーの内容を、9月に「生活とリハビリ研修センター そてつ」で行われたセミナーを見てもらおう。
基本的に介護セミナーは2日間の日程で行う。今回は、相手の「力」を引き出し、自分の腰を守る介護をテーマに開始。1日目(10時〜16時)のプログラムを2日目(10時〜16時)は復習をしながら技術を高める内容だ。朝10時の講義開始前に、俺は軽くストレッチして気合いを入れる。

写真:青山幸広さん
始める前に準備運動で気合入れてます!
写真:青山幸広さん
やる気の顔!

写真:青山幸広さん
具体例をあげながら、わかりやすく時にはユーモアもまじえながらの話で、場の緊張感がほぐれていく

講義のはじめに、セミナーの必要性を解説する。今回は、「介護」の原理・原則を見直そうと話からスタート。まず、問題提議として、「自分たちの都合で寝たきりにしていないか?」「リスク回避の名の下に利用者の自由を奪っていないか」を問う。次に、具体的な技術講習へと移る。自立を促す実技は、まずは「型」を覚えるところから始める。

寝返り・起き上がりの介助

写真:青山幸広さん
写真:青山幸広さん
写真:青山幸広さん
写真:青山幸広さん
相手の動きになって黒子になってサポート・相手の力を使い、自分の腰の負担を減らす寝返り起き上がり・相手のできるところを生かし、維持してもらうやり方・できることを喜び合い、できないところをさりげなく介助

今回の参加者は40名。4人一組で、約2時間、寝返り、起き上がりの介助の実技を学ぶ。何度も繰り返すが、初めての場合、なかなかコツが掴めない。だが、あきらめずに続けることが大事だ。昼食休憩を1時間取って、午後からは、立ち上がり・移乗の実技に移る。

写真:青山幸広さん
休憩時間中も質問攻め
写真:青山幸広さん
必ず始める前にストレッチ&リラックス

 

立ち上がり・下肢筋力をつける立ち上がり介助

写真:青山幸広さん
前かがみ・頭とお尻の高さのバランス・手で押す力の3つのポイントを覚えてもらう

 

移乗方法

写真:青山幸広さん
自分で立てる可能性のある人の場合、前かがみから、立位バランスを取り、それから移乗
写真:青山幸広さん
足にあまり力のない人場合、背負い込むことで、また、前かがみができない人には胸を合わせるトランスを実施

 

スーパートランス

写真:青山幸広さん
介助者が座ったままで、相手を腿に乗せてスライドするやり方

すべての動きには一つひとつに重要な意味が含まれていることを理解し、その意味を意識しながら実践することを覚えて欲しい。技術研修後は、セミナーを体験し、現在、施設で介護を実践している受講卒業生の話をして、2日間のセミナーを終了する。2日間で誰もが完璧に技術を習得するわけではない。
1週間ぐらいの日程で、びっちりやってみたい気もするが、実は練習をいくら積んでも、実際に介護する人の身体状況も違うし、1日も早く施設で実践することが大事なのだ。なので、いまのところセミナーは2日間としている。 「うまくなりたい!やりたい!」って思った時に、技術は伸びていく。ただ、俺のセミナーで、技術を身に付けるだけじゃなく、もっと大切なことがあるんだってことを学んでいってほしい。



本・DVDの紹介

写真:青山幸広さん
青山氏は、お風呂革命の青山ともいわれる。業務改革として機械浴・大浴槽からひとり浴(個浴)への実践が本になった(関西看護出版)
写真:青山幸広さん
DVD「基本実技・スーパーテクニック」が発売。青山流介護術をご自宅で体験できる


写真:青山幸広さん
プロフィール
青山 幸広(あおやま ゆきひろ)
有限会社「ケアプロデュース RX組」代表
1966年青森県出身
保育士、老人介護主任を経験後、タクシードライバーをしながら介護修行を重ね、老健の介護長を経てフリー介護アドバイザーとして活動。
2004年、有限会社「ケアプロデュースRX組を設立し、現在は施設向け介護アドバイス、介護技術セミナーの開催、介護人材の育成、介護本・グッズの制作・販売を手掛ける。
機械浴、大浴槽からひとり浴(個浴)へ・定時オムツ交換から個別トイレ誘導など、介護における業務改革を実践・指導中。
2007年10月にはオーストラリアの介護関係機関に招待され、セミナー開催予定。
RX組:http://www.rx-gumi.com
生活とリハビリ研究所:http://www.mdn.ne.jp/~rihaken/

介護の集いの上手な使い方

今回の介護川柳

介護だが むかしなつかし 祖父と風呂

吉野 貴之

他の作品も見る

このページの先頭へ